クレジットカードの限度額

皆さんは、クレジットカードの限度額が足りなくなって、困った事はありますか?
クレジットカードの場合ショッピング枠、キャッシング枠、とそれぞれに限度額が決まっていますが、買い物をし過ぎてついつい予算をオーバーしたり、急にお金が必要になってキャッシングを必要以上にしてしまうなど、限度額ギリギリまで使ってしまうことは、クレジットカードをお持ちの方なら良くある事のようです。

クレジットカードのショッピング枠と、キャッシング枠の限度額は、クレジットカード審査の際に自己申告した、年収や現在の借り入れ状況から判断され、限度枠が決められます。キャッシングの場合は、総量規制という制度によって年収の1/3より多く借りられないように設定されているのがポイントです。その反対に、カード会社によっては、ショッピング枠がキャッシング枠よりも多めに設定されている事が多いです。
しかしショッピング枠でも一括払い以外のリボルビング払いや、分割払いを利用すると、そのショッピング分は、改正割賦販売法といって、それぞれの年収や現在の借り入れ状況など支払い可能見込額によって限度が決まっているの注意が必要です。

あまり見境なく沢山ショッピングをしたり、キャッシングをし過ぎると、後々の支払いが大変になってきます。
足りないからといって、新しいカードを作ろうとしても、全体の信用情報や与信の結果から、クレジットカードを作るのは難しいと言えるでしょう。

もし、限度額を増やしたいのであれば、暫くはコツコツと返済を続け、信用情報をキレイにする必要があります。
まじめに返済しているな、この人には返済能力が十分にあるな。とカード会社が認めてくれれば、徐々にカードで使える限度額も上がっていくでしょう。
そういった場合はカード会社から増額のお知らせなど、連絡が来るのですぐに分かります。
しっかり返済計画を立てて、上手くクレジットカードを使えるようになりましょう。