クレジットカードの種類と発行会社

クレジットカードは色々な種類のものが流通していますが、大きく分けると、銀行や信販会社、流通サービス会社、各種メーカーなどがクレジットカードを発行しています。
しかし、最近ではその線引きが難しく、カード同士の境界線もあいまいです。
なぜなら信販会社は銀行と合併したり、流通系も信販会社や銀行のカードローンと提携するようになっているからです。

クレジットカードをよく見てみると、各カードにはそれぞれ、皆さんにもおなじみのマークが付いています。
例えば、日本で良く目にするJCBのマークや、世界中の加盟店で愛用されているVISAなど。
そしてVISAと同じくらい加盟店が多いとされるMasterCardなど、皆さんもご存知なのではないでしょうか?
その他には、カードのステータスが高いことで知られるAMEXこと、アメリカンエクスプレスも有名ですね。
最もステイタスの高いカードと言われるDiners Clubは、エクゼクティブ層が持つカードとしても知られています。

それぞれのカード会社の発行するクレジットカードにも、さらにカードのステータスによってさらに細分化され、一般カード、ゴールドカード、プラチナ、ブラック…と、どんどんグレードが上がっていきます。
グレードやランクが上がると、利用出来るサービス、提供されるサービスなどもグッとクオリティが上がります。

クレジットカードを取得するのであれば、こういったグレードの高いカードを目指すのも良い事かも知れません。
それには、毎月きちんとした利用と、返済を計画的に続けることが必要となり、それぞれが個人信用情報に良い履歴を残していく事が大切です。
ある一定のラインをクリアすれば、カード会社からランクを上げたカードを紹介される事が多く、様々な会員特典を受ける事が出来るようになります。