クレジットカードとカードローンの違い

一般的に広く普及しているクレジットカードは、銀行や街角の広告、CM等で見かけるカードローンとは全く違うカードです。
どちらもお金をキャッシングして借りる事が出来ますが、クレジットカードの場合はカードにショッピング枠とキャッシング枠が付帯しているのに対し、カードローン会社の発行するカードは、お金を借りる事をメインにしたカードとなっています。

クレジットカードでお金を借りると、ショッピングでカードを利用場合と違い、利用後に金利をし支払うことになります。
これをキャッシングといいますが、クレジットカードのキャッシングはショッピング(1回、分割2回、ボーナス払いを除く)より支払う金利が多く必要で、あまり経済的とは言えません。

お金を借りる事がメインになるのであれば、クレジットカードよりも銀行等のカードローンを利用し、低金利でお金を借りた方がお得です。
クレジットカードは、ショッピングやサービス利用の支払いに便利ですが、一回払い以外の支払い方法では、利息の計算を自分できちんと管理する必要があります。

しかしクレジットカードは、ショッピングだけでなく、様々な施設(宿泊施設や会員申し込み)などで身分証明書の代わりとしても信頼度が高く、海外旅行などではクレジットカードを持っていないと宿泊できないような場所もあるようです。
また、携帯電話の契約の際もクレジットカードが身分証明書の一部としても利用でき、そのメリットは様々な場所で受ける事が出来ます。

このように、クレジットカードとカードローンではその目的も、使い方も全く違います。自分の必要度に合わせて、目的に合ったカードを選ぶようにしましょう。