クレジットカードを申し込む際、注意すべき事

クレジットカードは、申し込みの際に様々な特典等が用意されており、キャンペーンの期間中はキャッシュバックが受けられる事もあります。
こうしたメリットを利用して、多くクレジットカードを申し込みたいと思うかもしれませんが、クレジットカードを申し込む際には、いくつか注意しておくべき点があります。

まず、クレジットカードは一定期間に沢山申し込まないようにしましょう。
クレジットカードをお持ちの方ならご存知でしょうが、カード審査の際、職場に在籍を確認するための電話が掛かって来たり、様々な手続きを経てカードを取得された事かと思います。

クレジットカードは発行する前、個人の信用情報などを元に、ある一定の点数を付け、返済能力のある方に対して審査を通すようにしています。もし、あなたが一定期間に沢山のカードを作ってしまったら、様々な金融機関が利用する信用情報に悪いデータが蓄積されてしまいます。
このように沢山カードを作る=多重債務者と間違えられてしまい、最悪の場合カードが停止されたり、新たなカードの発行が出来なくなってしまうのです。
今後、住宅ローンやマイカーローンなどを契約する際、必要な融資が受けれなくなっては大変です。
出来るだけ不必要なカードは作らないようにしてください。
使っていないカードが手元に沢山ある場合は、思い切って解約するのがベストです。
必要な枚数に絞って使っている方が、信用情報には良い履歴が蓄積されていきます。

このような信用情報がしっかりしている場合(=利用者が優良会員だと認められた場合)クレジットカードの増枠を薦められたり、よりグレードの高いカードに移行する事も出来ます。
クレジットカードはしっかり管理する事で日々の暮らしを、より一層豊かにしてくれる便利なツールです。
枚数管理をして、賢く使いこなすようにしましょう。