クレジットカードの限度額ってどのくらい?

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が、会員それぞれの属性によって上限設定されてます。
この属性は、主に年収や年齢、職業の種類によってスコアリングと呼ばれるポイント制を利用し、カード審査時に会員の利用限度額を決定しているのです。
カードの利用履歴によって、一般的に限度額は上昇していきますが、支払いが滞っていたり、複数のカードを同時に申し込む、借り入れを増やしすぎるという行為によっては、限度額が引き下げられたり、最悪の場合カードの利用停止などが行われることもあるので、注意が必要です。

一般的なカードの限度額は、ショッピングで5〜50万円となっており、実績によって150万円程度まで上がっていくことがあります。
ゴールドカード以上のクレジットカードでは、50万円から300万円までと、より限度額が高く設定されており、それぞれのライフスタイルに合わせた使い方が出来るようになっています。

キャッシング枠は、所有するカードすべての借り入れ合計が、年収の1/3以下であることが原則となっています。それ以上の借り入れは総量規制に引っかかるので、新たな借り入れは出来ません。ショッピングの限度額は、キャッシング枠よりも多めに設定されている事が殆どです。
キャッシング枠10万円の人は、ショッピング枠が20万円に設定されるなど、ショッピングでのクレジットカード利用を推奨するような意図が感じられます。

クレジットカードは上手く利用すれば、家計にも良い効果を次々と生み出してくれます。
しかし、キャッシングを増やし過ぎてしまうと後々の返済が大変になるので、借り入れのし過ぎには十分注意し、賢くカードを利用するようにしてください。